2018-7-24 夏旅行 2日目

神戸の異人館街を巡った。午後はUCCコーヒーミュージアムに行ってコーヒーの歴史などを学んだ。到着 16:00 
2日目 泉南・堺
 宿を7時45分に出発し、神戸駅から列車を乗り継いでまず岸和田城に向かった。
 岸和田城は岸和田藩の政庁が置かれた場所であり、往時は5重の天守閣があったが、現在は3重の復興天守になっており、別段面白みはなかった。ただ、城内の八陣の庭は独創的な形をしており興味深いものであった。
 城を出て自泉会館に向かった。ここは地元の寺田財閥が市民のために寄付したものであり、綿業会館の一室とよく似ていると感じた。しらべるとどうやら同じ建築家の仕事らしいことがわかった。
 その後岸和田を出て田尻歴史館へと向かったが、長期閉館の最中であったため、失意の内に計画を変更し、ゆっくりと大仙古墳へ向かうことにした。途中駅舎のステンドグラスが見事な蛸地蔵駅を鑑賞した。
 古墳に向かう前に、近隣で古墳カレーを食べた。ほとんど民家のような様子であり、店員の方もフレンドリーであった。帰り際代金を払い忘れていたことに気づき、あわてて引き返した。
 その後堺市博物館で古墳や戦国時代の自由都市堺について学んでから、ガイドを受けつつ大仙古墳を見学した。堀において赤い藻が大量発生して血のようであったのが印象的だった。
 見るべきものを見たのでその後はゆっくりと神戸に戻った。到着は18時前か。
神戸 ムスリム モスク
1935年に建てられた日本最初のモスク。
神戸大空襲や阪神淡路大震災を免れて現存する。
兵庫県公館
1902年に県庁舎として建てられたが、第二次世界大戦で外壁を残して全焼、今は割と近代的で残念。今は迎賓館と県政資料館として、歴史や文化の展示が行われている。
シルクロード絨毯ミュージアム
六甲アイランドにある。西はトルコ、イランから中国、日本までシルクロード各地の手織り絨毯を集めたミュージアム。班員が数千万円はしそうな絨毯で寝てしまい、出て行ってもらわなあかんと言われる。
谷崎潤一郎記念館
谷崎潤一郎が執筆を行なったのは、別の屋敷だったが、かれの生い立ちや、彼が実際に書いたものが展示されていた。
有馬温泉に行った。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

麻布学園地歴部

Author:麻布学園地歴部
他校の社会科系サークルとの相互リンクを募集しています。コメントにてご連絡お願いします。

画像や文章の無断転載は禁止します。

最近の記事+コメント
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー(月別)
06 ≪│2019/07│≫ 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
訪問者数